Fun with NATURE

アクセスカウンタ

zoom RSS Jul 1 愛知万博紀行 「体験重視の万博の歩き方」 の巻

<<   作成日時 : 2005/07/01 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
6月27日〜28日の万博紀行
歩いて歩いていろいろ回りました。
今日もちょっとまじめにかな?

性格上と仕事柄、触りたい・しゃべりたい・口に入れたい・近くで見たい ものですから、
「座って、じっとして、黙って眺めておきなさい」というのが嫌いです。
「とにかく説明はいいから、触らせてくれ」と思ってしまいます。
(べたべた触ってから、触らないでくださいと書いた看板に気づくこと多し)

で、見て、触って、楽しかったのを紹介

森・里の自然学校のインタープリターツアー

こちらは、優しいインタープリターが積極的に五感(みる・きく・かぐ・たべる・さわる)を使うことをすすめてくれます。
新しい感性や自然の知識にも気づくかも。
ただし毒キノコを食べたり、ウルシに触ったり、蜂を刺激したりするとしっぺがえしをくらいます。

地球市民村 体験と交流のゾーン

・清里教育実験計画館
キープ協会がフィリピンの山岳民族を紹介していました。

鼻笛:汚れるのも気にせず、おもむろに鼻の穴へ竹笛を突っ込み、フーン。
ピーピロピロと音が出て、「My Good Student!」とほめられました。
口琴:幅広の竹串を口に当て、竹をはじくと、ビョーン、ブビョーン。
思わず買ってしまいました。900円なり。
バリンビン:30センチほどの竹を叩くと、バヨーン、ボヨーン。
大学生の時に作った記憶がよみがえりました。
などなど、竹を使った楽器をその場にいた人たちと、ライブ感覚で演奏。
竹の不思議な音に、気持ちが高揚してきて、お祭りのようになりました。

・赤ちゃんと絆館

おっぱいを模した針金細工(触った感じがいい感じ!)、赤ちゃんと同じ重さの木を抱いてみたり、写真を見ると少し赤茶けた懐かしい幼児期の写真。
自分も赤ちゃんやったんやなぁ、その頃を思い出したような気分になりました。
赤ちゃんこそこそ 人間の叡智!

わんパク宝島

ややこしいことは分かりませんが、中はとにかく「触って」「見て」というものでした。
子ども向けに作ってあるようで、僕にはちょうどいい楽しさです。

市民パビリオン

ゲストとのトークイベントをやっていました。
最初から入りそびれてしまったのが残念。
けど、体験(吸収)するだけでなく、“参加する”“意見を言う”(発信する)ことができる大事な要素を雰囲気から感じました。

他にもあるかもしれませんね。
例えばツリークライミング(グローイングビレッジ)、死海体験(ヨルダン館)などは残念ですが、行けませんでした。

明日は、「いろいろ」の巻 おちゃらけで

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jul 1 愛知万博紀行 「体験重視の万博の歩き方」 の巻 Fun with NATURE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる