アクセスカウンタ

2005年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


Jun 29 愛知万博紀行 「インタープリター」 の巻

2005/06/30 00:45
画像
27日〜28日の一泊二日で、愛知万博へ友人たちと行ってきました。

Q「感想は?」
まずは「疲れた!」なにせ、丸二日間で45000歩も。歩いて歩いて歩き倒しました。
Q「マンモスは?ロボットは?」
残念ですが、並ぶ という行為が相当嫌いで、たくさんの人波にもまれていると 人酔い するという
体質のため、いわゆる目玉パビリオンには近づいていません。
Q「じゃぁ何しに行ったのよ?」
「人と人、人と自然をテーマに」仕事をしている僕が、愛知万博を漫然と見に行ったわけではありません。
・愛知万博の掲げるテーマ“自然の叡智”はどのように表現されているのか?
・批判が多い中での万博は、一体?
そして
・森の自然学校、里の自然学校で活躍しているインタープリター(IP)、彼らの提供しているプログラムは?
を見てくるのが目的でした。

今日からしばらくは、万博のことを“まじめ”と“おちゃらけ”で書いていきます。

今日は、森や里の自然学校について・・・(まじめです)

実は、友人たちがIPとしてこの2月から入っており、彼らの活躍ぶりも見たかったのですが、
万博という日本最大のお祭りで、自然学校が1パビリオンとして来館者にどのようなプログラムを提供し、IPが認知されていくのか。
すなわち、彼らは環境教育の未来を担っているのでないだろうかと思っています。
そんな過大な期待を持ちながら(IPのみなさまごめんなさい)
万博へ乗り込んだのです。

まずは、長久手会場の一番南 森の自然学校へ。
到着して早々に、友人0さんに来たことがバレてしまい、
結局「久しぶり!」「どう?元気」「○○○さんいるよ」と話が盛り上がり、知り合いがどんどん出てきて、しれーと参加する計画は消えました。
そんな中ですが、50分のインタープリテーションツアーに2本参加させてもらいました。

 自分家の家紋知ってますか?えーそんなん知らない!そういえば家は・・・なんて、会話から始まったツアーは、
 「自分の家紋を作ろう」
 家紋を良く見てみると、葉っぱ、鳥、動物など自然がデフォルメされ、思いが込められている。
 IPと共に南の森を歩きながら、森の自然と家紋の関係が見えてくる。
 自然への興味が沸いてきたところで、ペンと紙を片手に、自分の家紋づくり。
 僕は、切り株から出たヒコバエをモチーフに家紋を描きました。
 その他の参加者も、虫や葉っぱなどを家紋にし、今の気持ちや自然への思い、未来の環境の希望などを話していました。
 参加の方々は、IPとの自然の会話、ちょっとしたゲームなどを楽しみながら、IPのメッセージにうなづいておられました。

僕のほんま勝手な感想では・・・(僕の普段の思いも入りつつ)

1)
 お客さんの満足は得られていると思う
 (他のパビリオンにはない体験やIPとのコミュニケーションがある。自然好きな人が万博の森を案内してもらえてうれしい)
2)
 IPのメッセージ「自然は楽しい」「もっと出かけましょう」から一歩踏み込む“行動”へ結びつけることはできないのだろうか?
 たった50分 15名との関わりでは難しいのか。
3)
 今の一般的なインタープリテーションの限界も見たと思う。個性的なインタープリテーションを作っていかなければいけない。

インタープリテーションは楽しいものであることを当たり前として、それ以上のことをやっていく、伝えていかなければいけないと自問自答していることが多いです。
そのため、いやらしい言い方になっているかもしれません。堪忍して。

ちなみに、万博には100名のIPがいます。
彼らが万博が修了する9月末 どのようなアクションを社会へ起こすのか楽しみです。
(良きライバルとして彼らを見ているのかも。ガンバルぞ)

明日は、「体験重視の万博の歩き方」 の巻
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jun 25 レジ袋

2005/06/25 23:28
環境省が、レジ袋の有料化を来年の容器包装リサイクル法の改正で盛り込むそうです。
現在私たちは一人年間300枚ものレジ袋を使っている計算になり、そのほとんどがゴミとなっているわけです。
近所のスーパーでは、マイバック(お買い物袋)の持参でポイントが貯まるようになっていて、買い物客は、レジ袋をもらわない方が得をするようになっています。
僕はレジ袋はもらいませんし、周りにもそう勧め、地球環境と自分たちの暮らしにメリットとなると伝えています。
環境学習のような教育から、一つはスーパーのような経済から、もう一つはこの度の法律のような決まりごとから、様々な方面からの環境へのアプローチを推進することが社会を変えていく力となるでしょう。その中で僕は、教育として社会を変えていくことを選択しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jun 23 サボテンの花

2005/06/23 01:27
画像
ほったらかしのサボテンからにょきにょきと伸びてきて、大輪の花が開きました。
夕方からつぼみが開き始め、真夜中にめいっぱい花びらを広げ、次の日のお昼にはしぼんでしまいました。
棘のあるごつい肉質の本体から、たった一晩のわずかな時間に、驚くほど大きな美しい真っ白い花をつけました。
美しいものは はかないもの と思わせるサボテンです。
このサボテンはなぜ夜に花をつけるのでしょう、虫も見つけにくいのに。
月明かりと関係があるのでしょうか?咲いた夜は月がきれいでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jun 15 瀬田川

2005/06/15 23:12
画像
高校生のころは、近くの瀬田川で毎日ボートを漕いでいました。
授業中は寝て、クラブが始まる時間になると元気になって、いそいそと艇庫へ向かう日々でした。
必死にオールに掛かる水の圧力と格闘していたわけです。

と同時に、水やその上の空気の温度、臭い、流れを肌で感じ、ボートの進み具合や体調を判断していました。
その体験が、現在の自然に関わる仕事に少しは、糧となっている気がします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Jun 13 もらってしまいました・・・

2005/06/13 18:07
画像
12日の日曜日、近江八幡市宮ヶ浜で開かれた第12回琵琶湖シーカヤックマラソン大会に出場してきました。
結果は、全ての参加者中“べったこ”でした。タイムアップぎりぎり。
お気楽なツーリング大会だと思い、友人からのお誘いに二つ返事で参加したのが、運のつき。
バリバリのシリアスな大会だったのでした。
さんざんなレース内容などについては、後日。

写真は、表彰式であったジャンケン大会で頂いた分割式のパドルです。
抽選会やビンゴ大会など、今までトンと縁がなかった僕。しかも、レースはべったこ。
なぜか、ジャンケンで勝ち進んでしまい、皆さんのうらやましい視線の中、恐縮しきりでした。
「パドルをもらったということは、艇を買え」ということなのでしょうか?
そう、参加艇も友だちに借り、PFD(ライフジャケット)も借り、その他備品も・・・と
ホンマにお気楽で参加してしまっていたのです。

頂いたパドルは、聞くと数万円するかなり良いもの(カーボンが美しい仕上がり)
シーカヤックは、新品では数十万円〜。
あー貯金をせねば。

琵琶湖シーカヤックマラソン大会 http://www.eonet.ne.jp/~ibaragi/BSKM/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


長浜にて

2005/06/07 23:21
画像
仕事の下見で長浜市横山地域へ。
手入れされた竹林や、かわとの残る家々、寺院・・・
新興住宅地にはないたくさんの発見、興味があります。

やまぼうしの花が一面に咲き誇り、樹上は花の絨毯のようでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プロジェクトアドベンチャー

2005/06/06 17:15
画像
6月4日5日と荒神山少年自然の家で開催されましたプロジェクトアドベンチャーの体験講習会に参加して来ました。

プロジェクトアドベンチャーは、「心を育て、かつ学びの環境をつくるあたらしい教育手法」(ProjectAdventureJapan)として、体験から学ぶ手法です。
参加者の雰囲気づくりから、グループでの課題達成、自己のチャレンジなど、ファシリテーターの効果的な促しと、参加者全体の同意で進められていきます。
私も、ファシリテーターの言葉がけ、私自身や参加者の反応から学ぶことが多い機会でした。
また、「多くのサポートがあって、今の自分の行動が成されている」と体感することができました。

普段、これまでの経験を元に様々な指導を行っていますが、その経験の理論化、体系化が必要とも感じました。日々勉強ですね。

ちなみに、4日は直径3センチもあるヒョウが降り、びっくり。初めてあんなに大きなヒョウを見ました!!
直径1センチほどの時に、物は試しと外に出てみたら、痛いのなんの。3センチほどの時には怖くて出られませんでした。

プロジェクトアドベンチャージャパン http://www.pajapan.com
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


丹波で

2005/06/03 17:17
画像
先週は、丹波少年自然の家で兵庫県内の小学生と一週間すごしてきました。
からっとした空気、晴れ渡る空、萌え出木々・・・1年でも少ない気持ちよい日々をすごすことができた一週間でした。
田植えやカヌー、野外料理、キャンプファイヤー、藍染など、単発アクティビティの目白押しでしたが、生活体験として、子どもたちには大きな成長のきっかけであったと思います。
しかし、毎日のように日焼けをしてしまったため、今週は風邪でダウンしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2005年6月のブログ記事  >> 

トップへ

Fun with NATURE 2005年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる